Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mkyuu/tsudzurigoto.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

イオンの「カジタク」保管付きクリーニングは便利でお得 (追記価格改訂有り)

生活

こんにちは。

今日は風が強くすごく寒いですね。

こんな寒い日はダウンコートが手放せませんが、シーズン終わってクリーニングに出す時溜息出ませんか?お値段高いですよね。お店によって、またコート自体の長さ等によっても違いますが、2,500~4,000円くらいします。家族分出そうと思うと結構な出費です。

 

スポンサーリンク

私は「カジタク」を利用しています

イオングループが出している宅配クリーニングサービスです。

保管付きと保管なしが選べ、点数は5点パックから最大15点パックまで選べます。

価格は、

保管なし5点パックー4,980円(税抜き) 8点パックー7,200円

保管付き6点パックー7,000円      10点パックー9,800円

15点パックー12,000円

保管付きプレミアム6点パックー12,000円

申し込み手順は

① ネットで希望のパックを注文

② 2~6日で集荷キットが届くので手順書どおりにネットで予約

③ キットの中の回収袋にクリーニングするものを入れておきます。箱の方が良い場合は予約時に申し込めば集荷予約の日に持ってきてくれるので、用意しておいて来た時に速やかに入れて預けます。(箱は無料です)

その後クリーニング、保管(保管付きの場合)、保管なしの場合は2~7日で仕上がったものが自宅に届きます。保管付きなら申込時に指定した日時に届きます。

簡単でしょ(#^^#)

追記 保管付きの分が大幅に値上がりしていました。

6点パックが7000円→9000円、10点パックが9800円→12000円、15点パックと保管付きプレミアム6点パックは共に12000円→15000円に改訂されていました。(追記日2018年5月4日)

私が利用する理由その①

なんといっても宅配ですべて済むということ。

近所にクリーニング店は有りますが、駅とは逆方向なのでわざわざ行かないといけないし、近いとはいっても面倒です。預ける時と取りに行くのと2回行かなければなりません。

それに何度も行きたくないのでまとめて持っていこうと思うと、かなりのボリュームで重いです。

「取りに来てくれて、終わったら届けてくれる」しかも送料は無料です。有難いです。

 

私が利用する理由その②

ズバリ「保管付き」です。                              最長9ケ月、保管専用ルームできちんと管理されて保管してくれます。          冬物はとにかく嵩張ります。ダウンもそうですが、他のコート類、ジャケットも… 一冬に一つのコート、アウターしか着ないということは有りませんから、1人2~3着としても家族全員分だと結構な数です。それを次のシーズンまで預かってもらえれば、クローゼット内もスッキリで、良い気分です。

 

私が利用する理由その③

「低価格」です。

普通に出すとかなり高いダウンコートもカジタクを使えば、一律の値段なのでパックの種類によっては最安値で800円でクリーニングしてもらえることになります。しかも保管料を取られることなく、最長9ケ月預かってもらえます。他のコートも同じです。(一部除外もあるかもしれませんのでそのあたりはお確かめくださいね)

また、同色、同素材のスーツは上下セットで1点と数えてくれます。(近所のクリーニング店は別々に料金がかかり少し割高です)

ワイシャツは3点で1点とカウントしてくれます。

 

安くて大丈夫?

安いと何か品質的に問題ないかと思う方もいらっしゃると思います。

実は私もそうでした(笑) なので初めて申し込んだ時は、正直買った時高かった物やお気に入りのものは避けて申し込みました(笑) 試してみて良かったらずっと利用しようと思い試験的に利用してみたのです。

合格でした。少なくとも汚れが残っているとか、逆に無かった汚れが付いているとか、風合いが悪くなったとか、ほつれてしまった等のトラブルは有りませんでした。私は冬物をまとめて出すだけなので、年に一回の利用でまだ3回しか利用していないですが、今のところ何の不具合もなくきています。

それに、利用規約や補償設定の範囲内ということですが、仕上がりに満足出来ない場合は無料で再仕上してもらえるようなので安心かなと思います。

 

 

そのようなわけで、今年もカジタクさんにはお世話になろうと思います。

 

 

最後までお読みいただき有難うございます。

 

 

 

生活
スポンサーリンク
シェアする
綴りごと

コメント