Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mkyuu/tsudzurigoto.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

味噌汁を毎日作るのは面倒ですよね!レシピも工夫で簡単に美味しく!

食べ物関係

味噌汁を毎日作るのは面倒ですよね。でも味噌汁は日本の食卓に欠かせない一品という観念も根強く、無いと家族からクレームがくるという人も。

働く主婦である私達には、意外と手間のかかる面倒さが多少負担に感じることも有ります。

そこで、またまた職場で味噌汁を毎日作る派と作らない派と、意見を聞いてみました。

私の手抜き技や具材のあれこれなどもお伝えします。

 

スポンサーリンク

味噌汁を毎日作るのが面倒な理由

味噌汁を毎日作らない派の意見はこうです。

  1. 毎日だと同じ具材というわけにいかず、おかずのメニューを考えるだけでも面倒なのに、そこまでやってられない。
  2. 出汁をとって作る本格的な味噌汁を要望されることも有り面倒。
  3. 同じ水の量で作っても、具材によって味噌の加減が意外と難しい。味が濃いだの薄いだの言われるので気を遣う。

3番は特に、最初に味噌を入れ過ぎて、濃くなってしまった時に、単純に水を足して調整すると美味しくなくなるので困りますよね。(通常は味噌をといたらすぐに火を消さないと風味が損なわれます。)

 

味噌汁を毎日作る派は面倒を克服するためにどんな工夫をしてるの?

 

毎日作る人に、作りたくない人の意見へのアドバイスを貰いました。

  1. 具材はパターン化して4種類くらいにしている。例えば、「ワカメと豆腐」「白ネギとアゲ」「しじみ・あさり」「大根やなすなど、その日冷蔵庫に余ってる具材」といった感じ。ほぼ王道の具材です。わざわざ買い足さなくても余り食材でも良いので、そんなに悩む必要は無いよとのこと。
  2. 今はインスタントの顆粒の出汁で十分美味しい。家族から(おそらく旦那様でしょうね)煮干しや昆布などからとってと言われたら、「お休みの日など時間に余裕が有る時にね。」と答えているそう。その方が特別感も出てより美味しそうに食べている。これも一種のプチ贅沢かなとのこと。
  3. 味噌の入れ加減はたまにしか作らないと難しいかもしれないけど、毎日やっていれば、大体の見当がつく。薄味に足していく方が失敗しにくいので、最初から味噌を入れ過ぎないようにとのこと。

当たり前と言えば当たり前の意見ですね。つまりこんな風に、構える必要はないよ、そんなに毎日作ることに対して必要以上に負担に感じることはないよということなのかなと思います。

 

味噌汁を毎日作る面倒から解放!私の実践していること

はい。私の場合、まず毎日は作りません。

メニューの中には必ず汁ものを一品加えていますが、スープの時も有るからです。

我が家では、メニュー全体のボリュームをかさ上げするために、スープも味噌汁も具だくさんです。

特に味噌汁って、たいていの具材と相性が良いので、食べ応えが有るように、4種類以上は入れます。

毎回必ず入れるのが、玉ねぎとにんじんとキノコ類。冷蔵庫に常備しているものばかりです。

 

味噌汁や汁ものの毎日レシピに困らない工夫

工夫というほどではありませんが、上記の3つ以外の追加具材は、有ればプラスするという程度でゆるく考えています。

  • 《キャベツ》 大好きな野菜の1つですが、使いまわしが効いて本当に便利です。常備していてスープにも活躍します。みそ汁に追加する時には、炒め物用に切った時に少し味噌汁用にも余分に切っておきます。手間は一緒ですから。
  • 《白菜》 鍋の季節には大活躍。冬場は切ったものをちゃんと容器に入れて冷蔵庫に保存しておけば、翌日でも十分美味しいです。白菜もわざわざ大きいものを買わなくても家族3人だと食べきれず残るので、翌日の味噌汁に投入します。(もちろん鍋に入れる前の切ったままの生を置いときます)
  • 《キノコ類》 こちらもうちの定番食材ですが、残っていれば必ず入れます。

何が工夫かというと、味噌汁だけのために、わざわざ買ったり切ったりしないということです。手間はかからないのに、追加することで、栄養価も増しますし、満足感も強くなります。

付け合わせのもう一品に頭をひねるより簡単だと思いませんか。

 

みそ汁に満足感と栄養価アップを!プラスで入れちゃうもの

それは何かというと卵です。

といってもかきたまのような溶き卵じゃないですよ。

味噌も入れた後の、一番最後に入れます。

3人家族なので、卵は3個。割った時に小さな殻が入るといけないので、まず小鉢に割り入れて、溶かずにそのままの姿でそっと鍋に入れます。

慎重に3個同じ要領で入れたら、卵の表面が浮いてこないように、上から具材を軽くかぶせて火を止めます。余熱で良い感じに火が通るのでご心配なくです。

注意しないといけないのは、味噌汁が煮えたぎってしまわないように素早く投入することです。でも乱暴にすると黄身が割れてぐちゃっとなるので、慎重に素早くがコツです。(笑)

うちの家族はこの卵入り味噌汁が大好きです。

卵が立派に具の一品になるし、けっこうずっしりな存在感で、食べ応え有りです。

 

味噌汁を毎日作るなら液体味噌が面倒もなく早くて便利

名前の通り液体なので溶く手間がなく時短になります。

私が使っているのはこちら。↓↓

 

野菜炒めの味付けにも利用するので常備しています。

ただ使い切るのが早いので、便利な分コスパ的には割高かなと思います。

時間が無い時だけに使い普段は普通の味噌を使用しています。

 

最後に

味噌汁を毎日作るのは面倒という意見について、皆で話したことや、私の実践していることについてお伝えしました。

確かに栄養価も高く、減塩の味噌なども出ているので、メニューに取り入れ毎日食べたほうが良いのはわかります。

でも、毎日となると、そう意識することで負担に感じてしまうのかなと思います。

具だくさんにしたら、お腹もいっぱいになるし体にも良さそうだよねくらいに考えてみてはいかがでしょう。

 

最後までお読みいただき有難うございます。

 

食べ物関係
スポンサーリンク
シェアする
綴りごと

コメント