Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mkyuu/tsudzurigoto.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

ポテトサラダの味が足りない!と感じたら隠し味に酸味と旨味をプラス

食べ物関係

ポテトサラダの味が足りない!家庭料理の定番のポテトサラダですが、味付けにマヨネーズと塩コショウだけでは、何か物足りなく感じることが有りませんか?

そこで周りにポテサラにマヨネーズ意外で、隠し味として何をちょい足ししているか聞いてみました。

我が家の場合と併せてお伝えします。

 

スポンサーリンク

ポテトサラダの味が足りない時にプラスするのは?

周りに聞いた隠し味はこちらです。

  • わさび
  • はちみつ
  • フレンチドレッシング

などの意見が出ました。

 

「わさび」はちょっと変わってると思いました。からしマヨネーズはよく聞きますが、わさびってどうなのかな。

ご本人曰く、「意外とクセになる」そうです。お刺身好きな彼女らしいです。子供には無理ですが、一味違う大人の味といったところでしょうか。

「はちみつ」も聞いて、思わず「ほ~」と唸ってしまいました。

子どもの頃、私の母がポテトサラダに少しのお砂糖を隠し味だと言って混ぜているのをよく見ました。甘みを足すとやっぱり美味しくなるってことですね。蜂蜜なら砂糖よりも味に深みが有って、栄養価的にも良さそうですね。

「フレンチドレッシング」は一時期私も使っていました。適度な酸味と塩味が程よくかみ合い、味のぼやけが和らぎました。ただ他のグリーンサラダなどはゴマドレや、和風ドレッシングが家族の好みだったので、ポテサラ用にストックしておくのがもったいなくて、買わなくなってしまいました。

では我が家の隠し味はというとこちらです。

 

ポテトサラダにすし酢をプラス

我が家ではポテトサラダにすし酢を入れます。その方がしっとりしてなめらかになる気がします。

職場では「ポテトサラダに酢は入れないよ」という人もいますが、各自それぞれの家の味が有りますからね。

ポテトサラダは家庭の味の定番中の定番。ですが、カレーライスなどと同様、家庭ごとにアレンジやレシピが違い、オリジナリティが有るのではないでしょうか。

酢を入れることで、具材がマヨネーズと馴染みやすくなると聞いたこともあります。

その時からずっとお酢を入れるのが定番になりました。

そんなポテトサラダ、我が家の味をご紹介します。

 

 

ポテトサラダに入れるならすし酢がおススメ

我が家では昆布だし入りのすし酢を使います。これがうちでのポテトサラダの味付けの隠し味です。

 

 

 

ミツカンの「昆布だし入りすし酢」です。

すし酢なので甘みが有り、だしも併せてあるので旨味も有ります

人によっては酢と砂糖をほんの隠し味程度に入れると思いますが、すし酢を使えば1本で済むので楽ですよ。

 

普通のすし酢と昆布だし入りすし酢と食べ比べてみると、味の深みや旨味が違うのがわかると思います。

私は普段は、この酢に砂糖とほんの少しの醤油を合わせて酢のものも作ります。(いわゆる三杯酢)

味がしっかりしていて美味しいですよ。私の常備している調味料の1つでおススメです。

実は職場の同僚に教えたら、「すし酢、良かった~」と喜んでもらえました。彼女は酢は少し入れる派だったんですが、だし入りのすし酢は思いつかなかったみたいです。試してみたら、家族にも好評だったということで、私も教えた甲斐が有りました。

 

 

ポテトサラダの具材が多くてもすし酢とマヨで馴染む

 

 

 

写真、手前左から、「ゆで卵」「じゃがいも(メークイン)と人参を茹でてつぶしたもの」「ハム」その上が「きゅうり」その左横の白い器は「茹でたサラスパ」です。

本当はいつもは「サラダマカロニ」を使うのですが、あいにく切らしていたようで、試しにサラスパでも試してみることにしました。

サラスパはもともと細く短いので、茹でる時に半分に折ってお湯に入れれば、食べる時に長すぎて食べにくいということもありませんでした。

あとの具材も勿論細かくしてマヨネーズでダイナミックに合わせます。

 

で出来上がったサラダはこちら。

 

 

しっとり好きな私はかなりマヨネーズを入れます。

 

ポテトの茹で方のちょっとした工夫

 

工夫と言うかひと手間という感じですね。

じゃがいもと人参を一緒に水から火にかけ、沸騰したら小さじ1.4杯くらいの食塩を入れ、中火にして茹でます。

目安としては10分くらいでしょうか。

菜箸でイモを突いてみて箸が通れば、ザルにあけますが、その時もう一度鍋に戻します。

鍋の中はもちろん今材料ごと流しでザルにあけたので、ゆで汁も残っていない状態です。そこへ具材を戻し、弱火で菜箸でササッとかき混ぜながら水分を飛ばします。(ザルにあげる間も火は消さない方がスムーズです。)

これで、水っぽくなく美味しく調味料で味付け出来ます。

あまりやり過ぎて鍋の底が焦げたり、おいもが焦げたりしないよう気を付けてください。素早く短い時間で水分を飛ばすのがコツです。

熱い内につぶして塩コショウ。このあたりは皆様ご存知の通りです。

 

ポテトサラダの好みはいろいろかと思いますが、私はほんのり酸味と甘みが有ってしっとりした食感のが好きです。ただしっとりは水っぽいとは違うので、茹でた時の材料に残る余分な水分は飛ばしておくことをおススメします。

 

 

最後に

 

ポテトサラダはその家庭ごとに定番の具材や味付けが有ります。

酢は入れない派の方も時には入れてみると、ちょっとした変化が有って意外と好みになるかもしれませんよ。その時には、ただの酢よりだし入りすし酢を試してみてくださいね。

 

ちなみに義母が作るポテサラは、定番の材料にプラスして、「りんご」と「玉ねぎスライス」も入れます。

私も玉ねぎは大好きなので、時間の余裕が有る時は入れます。独特の食感も楽しめるし、ヘルシー感が有りますよね。

健康志向の主人にはよくリクエストされます。(笑)

 

美味しくそこそこボリュームも有る、便利な副菜「ポテトサラダ」。たまに具材を追加して目先を変えてみてはいかがでしょう。

 

最後までお読みいただき有難うございます。

 

 

 

食べ物関係
スポンサーリンク
シェアする
綴りごと

コメント