Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mkyuu/tsudzurigoto.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

ドコモで機種変更、不要なオプションや料金システム等不可解なことが多すぎる

生活

昨日ドコモショップへ、娘と一緒に行ってきました。

先月娘のスマホを機種変更したのです。ほんとはまだ更新月には早かったのですが、どういうのが有るか見てみたいと娘が言うので、様子見に行ったのですが、言葉巧みに(笑)乗せられ、その日機種変更手続きをしたのでした。

アイフォンからAQUOSに換えました。今回は本体代金を、分割で払うのではなく一括で払い、割引サービスも月々ではなく最初に一括で割引が有り、差し引き33,000円くらいでした。ただ、それとは別に頭金が10,800円必要とのことで、この頭金とは何か聞いてみましたが、今一つわかりませんでした。2年前もこんなの有ったのかなと思いながら、とにかく要るらしいので仕方ありません。

スポンサーリンク

いまだによく理解できないドコモ等携帯料金の料金システム

まったく何回やっても携帯の新規及び機種変更のシステムがよくわかりません。ドコモショップに限らず、他の携帯ショップでもです。何となくうまく言いくるめられて支払ってる感じがしてしまいます。

ただ、有料のオプションサービスを2ヶ月入ってくれたら、10,800円を無しに出来ると言われたので、そうすることにしました。サービスは4つで、2ヶ月分で6,000円ほどです。差し引いたら4,000円くらいはお得ですと言われましたが、そもそも頭金て何?な状態ですので、素直に喜べません。

この有料オプションサービス意外にも、セットでいろいろオプションサービスを契約させられますから、多すぎて訳が分からなくなります。

dtvとdtvチャンネル、DAZN、あんしんパック、ウイルスバスター、パスワードマネージャーと6つも有り、先程の有料オプションは、TSUTAYAディスカスライト、TSUTAYAミュージコ、おでかけお天気、Happyうたムービーの4つ、合計10個ですね。

あらためて見るとこんなに付いてたんだとびっくりでした。何故なら更新した日は全部で5時間くらいかかってもうヘトヘトだったから、最後の通しの説明も疲れ切って言われるまま頷いてたからです。正直半分以上、うちでは必要無いですね。

有料オプションとウイルスバスターとパスワードマネージャー以外は31日間無料お試し期間が有るので、その期間内に外せば、料金はかかりません。

前置き長くなりましたが、昨日はそれらを外しに行ったのでした。

純粋な親切心?いえいえやはり営業テクニック?

ベテランらしきスタッフさんが応対してくれました。前回もこの方でしたが、娘のスマホ機種変更を単独で普通にするのではなく、あるテクニックを用いれば私のスマホを安く手に入れる方法が有ると、熱心に説明をしてくれた人でした。

私はいまだにガラケーです。通話それも緊急時のみとメールしかしないので、これで十分なのですが、この方曰く、2020年にはガラケー携帯はほぼ無くなるとかで、今自分の説明通りにするとあなたもかなりの格安でスマホが持てますよというものでした。

格安という言葉、主婦は弱いですよね。少し心が動きました。まわりは皆スマホです。休憩時には当たり前のようにスマホで何やら検索しています。スマホもいいかな…ぼんやりとですがそんな気も有りました。

ただ説明を何度聞いても難しくてよくわかりませんでした。娘もデジタル機器には弱くありませんが、数字は苦手です。

シェアパックを上手に活用らしい

要は最近よく宣伝しているシェアパックを利用すれば、dポイントの還元などを絡めて実質お得になるとのことでした。そのシェアパックも普通にそのまま利用するのではない複雑な方法です。でも1年くらいですが、無駄に1台分余計な携帯料金を払う気がするのでどうしたものか、さんざん迷ってしまいました。

シェアパックも2台目からは最小280円の毎月支払いで済むみたいになっていますが、親機の支払額が通常より割高になるので2台だけのシェアならあまり妙味は無いとも聞きますし…

といった感じで迷ったため、時間がかかったのでした。結局冷静に考えると、シェアするなら㎇を大きくしなくてはいけなくて、結局割引が有ったとしても、そんなにお得ではないという結論に達したのでした。で、娘の単独機種変となったといういきさつが有ります。

オプションの削除作業は手際よく、でもちゃんと考えてる次の手?

そのスタッフさんは手際よく削除作業をしてくれていましたが、さりげなくdtvは見てますか?と聞かれ、見てますと答えたら、

「無料期間がまだ10日ほど残っているので、これだけ今日のところは残しておかれたらどうですか?」

「でも、また外しに来るのも手間ですし… 今はとりあえずせっかく有るので見てるというだけですから。」

「簡単にご自分で外せますよ。やり方をお教えしますので、ギリギリまでご覧になったらいかがですか?」

で、結局そのようにすることに…

その会話の前にも、2ヶ月以上続けてもらえば充電器がもらえるので、続けた方が充電器代より安いですよとプッシュされましたが、断ったばかりです。5分もしないうちに、おススメの切り口を変えて再プッシュ。なかなかの不屈の精神。営業ってこれくらい頑張らないといけないのかもですね。

「今外すとそこからすぐに見られなくなるので…」と親切心で言っていただいてるのかもしれませんが、忘れちゃってそのまま続行するのを狙ってる?と解釈するのは考え過ぎでしょうか?(笑)

どうにも拭えない軽い不信感

実は前回私のガラケーを新規で手続きした時、例によってオプションサービスを3つくらい付けられて、翌月外しに行ったのですが、2つしか外れてなくて(ちゃんと全部外してくれたか聞いたのに)知らずに1つ分をその後も何か月か支払っていたことが有りました。

金額もわずかだし請求明細も面倒で全然確認することなく支払っていたので気づかなかったのです。別に外してくれた人に悪意はなく、うっかりだったのかもしれませんが、結局その分弁済してくれるわけではありません。確かめなかった私の自己責任といったところでしょうか。でも、ほとんど機能なんて使いこなせないような私みたいな人は、ショップ店員が「した」と言えばそのまま信じてしまいますよね。

通常は皆さんちゃんと機能を使いこなしていると思うので、請求云々ではなく、機能から不要なものが残ってることに気づかれると思いますが、私のようにデジタル音痴だとヘタすると永遠に気づきません。(笑)

このことだけではありませんが、いつも携帯電話の手続きをする時は「よくわからない」という思いが有って、つい身構えてしまいます。本体代や月々の支払いを考えても、決して安くない買い物ですから余計ですね。

面倒でも確認、支払ってる内容を常に把握しておきたい

携帯料金に限らず、まさか間違いは無いだろうと、あまり確認をするとか、しっかり把握しておくとかいうことを、2年ほど前まではしていませんでした。スーパーのレジミスなどのお話も以前しましたが、こうして何でも確認してみると、意外と気づかず損をしていたり、不要なものに無駄にお金を支払っていたということも有ります。

去年あたりからその辺のところをちゃんとしていきたいと思うようになりました。金額の大小にかかわらず、これからは少しでも無駄を省いて賢い経済生活をしたいと思っています。塵も積もれば…ですからね。

確かにミスを指摘したりというのは煩わしいし、気まずいし、確認作業にはそれなりの労力も必要ですが、お金というのは限られていますから、納得した上で支払いたいものです。

で、もしdtv外すの忘れてたら笑ってください(笑)

最後までお読みいただき有難うございます。

 

生活
スポンサーリンク
シェアする
綴りごと

コメント