Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mkyuu/tsudzurigoto.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

モネク(MONSTA X)ハイタッチ会レポ!広島ではどうだった?

モネクのハイタッチ会、悪天候の中広島へ行って来ました!娘が!(仕事のため、私は泣く泣く断念。)

前回の大阪から参加し始めたので、今回は2回目のハイタッチ会です。

今回の「Alligator」のハイタッチ会は、静岡、広島、幕張の3か所で14日~16日の3日連続開催でした。

 

スポンサーリンク

モネクハイタッチ会広島レポ

 

 

広島の中小企業会館が会場。(記憶が定かではありませんが、そんな名前の会館だったとか)天候はあいにくの雨。

幕張やインテックス大阪のイメージからすると、わりとこじんまりとした印象です。

午後3時始まりの予定が15分ほど遅れた模様です。

 

ハイタ会場でモネクが全員見えた⁉

今回は、メンバーの個別ブースへ、控室のドアから出て移動する様子を見ることが出来たようです。ブースへ並んで歩きながら歓声に手を振るメンバーもいました。(もちろんスタッフのガードは固かったですが…)

前回の大阪では、私達にはほとんど見えなかったので、たとえほんのわずかの時間でも全員を見ることが出来て嬉しかったようです。

 

ウォノが他メンバーのブースの入り口に出現

今回はなんとウォノがチャンギュンやヒョンウォンくんのブースの先頭に並んだらしいです。

先頭に並んでいたモンベベちゃんに「しーっ」と騒がないように言って、始まった時に先頭の子と一緒に入ったのだそうです。なんと羨ましい。

翌日の幕張では、ヒョンウォンくんが他メンバーのレーンで、モンベベたちの中に混じって並んでいたようですね。間近かで会えた方心から羨ましいです。

ウォノもモンベベの間に一緒に並んだようです。幕張はかなりサービスが良かったんですね。

ハイタッチのスピードはやはり高速だったようですが、トイレに行ったり戻ってきたりするモネクを見ることが出来たみたいです。

会場の構造上の理由によるものなのでしょうか。とにかくしつこいですが、羨ましいです。(笑)

 

ハイタッチのスピード

初日の静岡がかなり、はがしがキツかったという情報だったようで、心配しながら参加しましたが、やはりかなりのハイスピードだったようです。

レーンの流れ、人が動く速さが相当早くて戸惑ったと言っていました。心の準備をする暇も有りませんでした。

 

私が前回大阪で経験したショヌさんとの対面は、

ショヌ「こんにちは。」

私  「頑張って下さい。」

ショヌ「また会いましょう。」

私  「ありがとう。」

という具合に言葉のラリーが2往復ですが出来ました。

今回は全くそんな猶予はなかったそうです。

 

ハイタでヒョンウォンくんが苦笑いしたわけとは?

娘がヒョンウォンくんのブースに入ると、ほんとに流れ作業かというくらいの速さで皆移動させられていたそうです。手を合わせ顔をちゃんと見ることに必死だったと言います。とても言葉を交わす暇は無かったとか…

ヒョンウォンくんはそんな速さでしか触れ合えないことに、きっとモンベベに対して、せめて一言声をかけてあげたいと思ったのかなと思いますが、「逢いたかったです。」と一人一人にハイタッチしながら声をかけていたそうです。ヒョンウォンくん、モンベベ想いで優しいですね。

ただかなりのスピードで流れていくので、慣れない日本語だし、彼はそんなに早口でしゃべるタイプじゃないので大変だったのでしょう。娘のところで、言葉を噛んじゃったようです。

「…たかたでです…」みたいな感じで。頭の「逢い」の部分もとんじゃってますね。(笑)

さすがに自分でもおかしかったみたいで、照れくさそうに苦笑いをしたその顔も綺麗だったと言っていました。照れ笑いを目の前で見ることが出来て、それはそれで良い思い出だったかなと。

 

チャンギュンは今回も机の前

チャンギュン(I.M)はモンベベと机を挟まずに近い距離でハイタッチをしてくれると、以前から聞いていましたが、今回も机は後ろの方に押しやられていました。

ブースに入ると、目の前にチャンギュンが!ほんとに近くてドキドキしたそうです。

彼のブースは入ったとたんに香水の香りが漂っていました。モネクは香水を愛用しているメンバーが多いですね。ヒョンウォンくん以外は皆つけているみたいです。もしかしたら、モンベベも香水を付けている人が多くて、この漂っていた香りが彼のものかは判断できないけど、わりと甘い香りだったそうです。

立ったまま向き合い、でもハイタは一瞬…

でも至近距離で逢えて、胸がいっぱいになり幸せだったそうです。

 

ウォノくんの館内放送

 

 

娘の話によると、韓国語で場内アナウンスが有ったので、「ここは日本なのに、何故?」と思ったそうです。日本のイベントにも本国のモンベベさんたちが参加していることも有るのでそれでかなと思ったら、ウォノくんだったんですね。

ハイタの注意事項などを放送してくれていたんですね。可愛い。幕張でもしてたそうです。

 

あっさりした終わり

1時間の予定だったとかで短い気がしました。

同メンバーのハイタ券を複数枚持っている人、いわゆるまとめ出しの人以外は会場の外へ出るようにスタッフに言われたそうです。

「会場に迷惑がかかるので、速やかに退出してください。」とかなり強硬だったようです。

幕張やインテックス大阪のように、こういったイベントに必ずしも適していないからでしょうか。

ハイタ会場のドアはカギを閉められてしまったようで、モンベベさんたちの名残惜しい思いと悲鳴をよそに対応は厳しかったようですね。

次回からは複数枚当たったら、必ずまとめ出しにすると言っていました。

 

 

まとめ

ワールドツアーや他のイベントの合間をぬって、大忙しのモネク。体を壊さないでねとつい心配してしまいます。

でもやはり近くで逢える幸せはお金には代えられないものだと娘は言います。

ハイタッチ会は夢が有りますね。

さて、次に逢えるのはワールドツアーの日本公演かな。楽しみです。

 

最後までお読みいただき有難うございます。

 

興味
スポンサーリンク
シェアする
綴りごと

コメント