Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mkyuu/tsudzurigoto.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

「シグナル」ドラマ第6話、韓国版との比較と感想(ネタバレ有り)

興味

ネタバレ部分も有りますのでご注意くださいね。

 

 

 

韓国版と日本版がかなり似ているというお話をしていましたが、今回は少し違っている部分が有りました。

大筋は同じですが、どこが違うかというと…

高級住宅地連続窃盗事件の犯人として逮捕された工藤(平田満)が警察へ大山(北村一輝)の車で護送されるシーン。娘の和美(吉川愛)を親戚に預けるためバスに乗せます。バスを追い越す時、車内の和美が泣きじゃくっている様子を窓越しに見て切ない工藤と大山。

その後バスからは離れ警察署に到着しました。ざわめく署内のテレビにはつい先ほど起きた大事故を報じていました。それは今見送った和美が乗っていたバスが橋から転落した凄惨な事故現場でした。

救助に右往左往する救急隊やレスキュー。工藤は画面にくぎ付けになりやがて我が娘が血まみれで救助を懇願している様子を目にします。テレビに向かって「娘を助けて!」と叫ぶ工藤。取り乱しやはり画面に向かって叫ぶ大山。

父子でバスに乗っていた矢部が自分の娘を早く助けるよう救急隊に掛け合い、後回しにされた和美はガソリンに引火し爆発炎上したバスもろとも命を落とします。

韓国版では、このシーンはテレビ越しではなく、バスの近くを走っていて目の前で事故が起こるので、娘の死をリアルに現場で目にすることになります。

韓国版での大山役の刑事は何とか助けようと橋の下に降りようとします。車の窓のところに手錠で繋がれた父親は声を限りに娘の名前を呼びながら、車外に懸命に乗り出し橋の下を覗きながら、必死に娘の名前を呼びます。

血だらけでバスの中に横たわる娘は声のする方に目を向け、唇を動かし何かを訴えているように見えます。その後バスは爆発炎上するのです。

どちらも父親にとっては耐え難い事実ですが、韓国版の方が現場で目前で目にするわけですからより悲惨と言えるかもしれません。

出所後の工藤が矢部を恨み、その娘を誘拐し復讐しようと思うのも無理からぬことかもしれません。許されないことでは有りますが…

 

女性刑事が工藤の罠とは知らず、冷凍車をこじ開け矢部の娘を救助しようと乗り込みますが、その車は矢部を亡き者にするために、爆発物を仕掛けたダミーだったのです。

工藤を端の上で逮捕した時につぶやいた言葉と、服役中に電気技術を学んだことを思い出し、罠だと気づいた健人(坂口健太郎)は必死に美咲(吉瀬美智子)を止めようと走りますが間に合わず、美咲は帰らぬ人に…

この辺りは韓国版に忠実に描かれています。余談ですが、吉瀬さんと韓国版のキム・ヘスさんは雰囲気とても似ていますね。どちらも長身で強い女性のイメージでカッコいいです。

現在はショートヘアですが、新人の頃はロングヘアというところまで再現(?)されています。細かいですね。(笑)

 

とにかくこの「シグナル」、過去と現在に生きる刑事が無線を通して協力し未解決の事件を解決していくという斬新な発想が面白いですよね。ただ、年代がいろいろ前後するのが少し難しくて理解するのが大変なのですが、それでも引き込まれてどんどん先を知りたくなります。

また未解決なものが解決していくことによって過去や現在で変化が起こり、その結果は必ずしも手放しで良かったとはならないことも有り、主人公の健人も苦悩します。そのあたりもかなり見ごたえが有り、やがて健人の兄が悲しい運命を辿った事件の真相も明らかになるようです。

来週もかなり楽しみですね。

 

最後までお読みいただき有難うございます。

 

コメント