Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mkyuu/tsudzurigoto.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

ファイナルカット 第8話 雪子の愛、若葉の狂気、どうする慶介?

興味

佳境に入ってきましたね。だんだん12年前の真相が明らかになりつつあります。

ネタバレにお気をつけ下さい。

前回のあらすじはこちらです。

ファイナルカット 第7話 あらすじと感想
先週はオリンピックのため、放映が無く、本日が第7話です。 例によってネタバレご注意ください。 前回のあらすじはこちらです。 刑事部長の部屋に呼ばれた慶介 警察部長、芳賀恒彦(鶴...

間を空けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

雪子と慶介は一夜を共にしたのですね。ただ二人の想いには多少のズレが有るようです。相思相愛ではあるようですが、お互いの立場が関係を難しくしているんですね。

高田から捜査の資料を見せられて。

高田から祥太が生きている可能性が有ると資料を見せられます。

失踪後、親が海外に留学させかくまっている形跡が有ると言います。

その別荘も最近になって解約。警戒しているのか…

「警察官だから真実を見つけても、警察に委ねろ。慎重に、失敗したらそこで終わる。」と慶介にくぎを刺す高田でした。

 

百々瀬から慶介に呼び出しが…

百々瀬から電話が入ります。「君の探している男に関する話が有る。」

そこには井出や小池などザ・プレミアワイドの面々が顔を揃えていました。

そこで百々瀬に提案されたことは、

「一緒にこの事件を追いませんか。自分たちを利用しませんか。」

「僕には大学生の息子がいる。家族とは離れて暮らしている。息子は百々瀬と名乗るだけで笑われると言い、外にも出られないと…。君には普通の生活を取り戻して欲しい。」

「我々は小河原祥太の行方を追っている。当時の友人など捜査を進めている。一緒に真犯人を突き止めましょう」

笑い出す慶介。

「12年前と同じ。あなたの力になりたい… もう騙されない。自分で真犯人を追う。邪魔するな。俺はいつでもあんたらのファイナルカットを流せる。」

言い放ちその場を去っていきます。

「協力は無理ですね」井出の言葉に、百々瀬は…

「気の毒に 最後のチャンスだったのに… 」

「警察官なのに我々を脅したりしている。問題行動だ。」

「大変な問題になる前にうちと組めば…」と井出。

「もう遠慮はいらない 彼と真犯人を徹底的に追え。破滅するところを追い特ダネに。彼の怒りが真犯人に向かえばすさまじい画になる。見てみたい。やつのファイナルカットだ。」

百々瀬の野望が見えますね。

姉、雪子と慶介の仲に嫉妬する若葉

電話にも出ない慶介を若葉が署に訪れます。姉との関係に嫉妬する若葉に「俺が興味有るのはお前たちの兄だ。それだけだ。」冷たく言い放ち去っていく慶介でした。

傷ついた若葉は例のPCのチャットで思いをぶつけます。そこへ兄から?の返信、若葉を慰めます。泣きながら「味方はお兄ちゃんだけ…」と少しずつおかしくなり始める若葉。

12年前の被害女児宅で新たな発見が。

高田が慶介を伴い被害者の母親に会いに行きます。何でいまさら… 訝る母親に「真犯人が別に居たとしたら申し訳ない。自分を許せない。真実を明らかにしたい」と申し出ます。

被害女児の形見の折り紙の中に、彼女が書いた絵と「しょうた」の文字が… 女児と祥太の接点が見つかったのです。

高田は芳賀に再捜査を進言しますが、「検討する」と濁されます。

祥太を追い詰めるための苦肉の作戦

小河原家を脅し、家族を切り崩して揺さぶりをかけ祥太を差し出させる。というものです。

雪子に会いに行った慶介。つかんだ事実を全部入れたファイナルカットを突き付け、「家族で見て相談をしろ」と迫ります。でなければ公開すると。メディアに監視され、少し笑っただけでも不謹慎だと袋叩きにされる。当時自分の母親がそうだったように… 犯人をかくまったと、犯罪を見て見ぬふりをした最低な家族だと糾弾されると…。

そんな慶介に雪子は泣きながら詫びます。「あの時の自分の証言があなたの母親を追い詰めてしまった…  あなたにこんなことまでさせて申し訳ない」と、その目の前に再度ファイナルカットを突き付ける慶介ですが、実はこの雪子の涙に心を動かされていたのです。雪子に渡したのは白紙のものでした。

帰宅し両親に祥太の消息と12年前の件を問い詰める雪子。祥太は7年前にも海外で少女を連れ出そうとし、咎められ、その後失踪していたのでした。

「信じたかった」と泣きながら当時のことを話し始める父親。防犯カメラの映像で息子の犯行に気づきながら、家族の生活を守りたくて隠蔽し、園長が疑われたことで無かったことにしようとしていたのでした。

警察に真実をと迫る雪子に若葉が取り乱します。部屋に戻ろうとする雪子を呼び止め、慶介と会っているのかと問いただし、今度は前とは逆に「慶介はただ兄のことを調べたいだけなのだ」と言いますが、「わかっている。でも好きなの」と…

嫉妬に狂う若葉は、PCにまた打ち込みます。姉に彼を盗られた、裏切られた、嘘つき、許さないと… その後ろ姿はゾッとします。壊れてます。

呼び出された先には怖ろしい罠が。

慶介を「兄と密かに連絡を取り合っている、協力したい」と呼び出す若葉。自宅に招き入れ、刃物を突き付けます。驚く慶介の目の前で自分の体に刃物を… 駆け寄る慶介。痛みに苦しみながらも口元に笑いを浮かべる若葉は完全に狂っているように見えます。そこへ帰宅した雪子が入ってきて…

 

さて来週はいよいよ最終回。2時間の拡大版です。ついに祥太が現れるのか?真相は明らかにされるのか?百々瀬の真意、人間性はどうなのか?

楽しみです。

 

最後までお読みいただき有難うございます。

興味
スポンサーリンク
シェアする
綴りごと

コメント