Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mkyuu/tsudzurigoto.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

ファイナルカット 第6話 あらすじと感想

興味

こんばんは。本日は第6話です。

いつもリアルタイムでドラマを見ながら書いています。

見逃した方や途中から見た方などのお役に立てればと思い発信していますが、録画してまだ見てないという方がいらしたら、お気をつけ下さいね。

 

前回のあらすじはこちらです。

 

「ファイナルカット」第5話 あらすじと感想
こんばんは。 本日は第5話ですね。リアルタイムでドラマを見て、そのままあらすじを書いていますので、録画だけしてまだ見てない方はお気をつけくださいね。 3人がハチ...

 

初回のあらすじから見たい方はこちらです。

亀梨和也主演「ファイナルカット」 初回を見て思ったこと。
こんにちは。 昨夜 「ファイナルカット」始まりましたね。 いつもは忙しくて、連続ドラマも録画して休みの日にゆっくり見るということが多いのですが(家族はリアルタイムで見ています)昨日は私も一緒にリアルタイムで見ました。 ...

 

間空けますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疑う姉、信じたい妹

冒頭は前回のラストからの続きです。

<兄が帰ってきた>と嘘のメールを送り、おびき寄せた慶介の姿を見せ、

「彼は兄のことを調べるために私たちに近づいた」

と若葉(橋本環奈)に話す雪子(栗山千明)。戸惑いを隠せない若葉に、彼と会うのを辞めようと諭します。

 

両親に疑問をぶつける2人。先日母親が兄と電話で話していたように思える場面を目撃した雪子が、そのことも聞きますが、はぐらかされ真相は聞けませんでした。

部屋に戻った2人。両親の態度にも不信を抱く雪子に、若葉は思いつめた表情で宣言します。

「守は私が貰う!」と… 驚く雪子。

「会っていた時の守の態度がウソとは思えない。好きなの。」

そして慶介にも 「守が誰でもかまわない、逢いたいの」と連絡します。

後で何か大変なことが起こらなければ良いのですが…  一途な恋は…

 

 

百々瀬に集めらたファイナルカットを恐れる面々

会議室に集まった、井出(杉本哲太)真崎(水野美紀)小池(林遣都)皆川(やついちろう)百々瀬が呼び寄せたのでした。

井出が数か所に仕掛けてあった隠しカメラ(慶介が仕掛けたものです)を皆に見せます。驚く一同。互いに顔を見合わせ困惑します。そして、自分たちが致命的な映像を録られた方法がわかったのでした。

「これがあなたのファイナルカットです。」

慶介の決め台詞を言い、皆を見まわす百々瀬。そこにいる全員が慶介からファイナルカットを突き付けられていることを、その時お互いに知ったのでした。

百々瀬は、不敵に笑い、

「化けるかも… このネタ大化けするかもしれない。」と言い放ちました。

[12年前の女園長の息子、真犯人をいまだに捜索中。我々メディアを脅してまでも…]

慶介をターゲットにこのような特集を組もうと狙いをつけたようです。

「全員で徹底的に取材を!」百々瀬の檄が飛びます。

心配ですね。ミスターメディア(百々瀬)は前回の件からしてもかなり手強いです。

 

 

ある殺人事件の容疑者が慶介に助けを求めます

そんな中、管内で殺人事件が起こります。女性人気料理家が自宅で殺害され、第一発見者の同棲中の恋人、矢口(中村倫也)が容疑者として疑惑を持たれています。

疑われ、マスコミに追われる矢口は姿をくらまします。

ザ・プレミアワイドも、百々瀬の号令のもと取材攻勢をかけます。

 

慶介の部屋の前に男が…  矢口でした。

何故ここがわかったのかと、訝る慶介に、ITの専門家である彼は、ネットで助けを求める相手を探すうちに慶介のサイトに行きつき、ハッキングなどを駆使して場所を突き止めたのでした。(すごい…)

テレビ、特にザ・プレミアワイドの報道をきっかけにマスコミが自宅や仕事場などに押しかけ犯人扱いをされて恐怖を感じたのでした。コンビニで買い物していても、SNSを開くと自分の今の行動の様子が流されていて、周りのすべてに追われているようで怖いと…

ケンカをしたが彼女のことを大事に思っており、「もう一度逢いたい…」泣く彼に、かつて無実の罪で追い詰められ失った母のことを重ねる慶介。力になると励まします。

ところが矢口は翌日姿を消し、歩いているところを職務質問され、警官を突き飛ばし逃げてしまいます。

 

「自分の力を過信するな!」

一方慶介は、矢口を案じ、高田(佐々木蔵之介)に捜査に加わりたいと願い出ますが、相手にされません。そこで昨夜矢口に会ったこと、自分がメディア被害のサイトを立ち上げていること、彼が助けを求めてきたことを話します。

高田はサイトのことはとっくに調べ済みでした。

彼が犯人ではないと感じたと進言しますが、取り合わない髙田に「同じ過ちを繰り返すのか」と詰め寄りますが、

「自分の力を過信するな 相手は確固たる組織、お前のような青二才に太刀打ちできない。」と言われますが、慶介は

「メディアと警察は繋がっている。世論をコントロールする警官、情報をメディアにリークしている」

と反論します。

 

百々瀬と高田 腹の探り合いか…

警察の動きが慌ただしいのを怪しみ、高田に電話で情報を聞き出そうとする百々瀬。

「お答えしかねる」と答える高田ですが、矢口の逮捕間近と読み、皆に指示をする百々瀬。

警察は証拠の揃わない彼を警官を突き飛ばした公務執行妨害で逮捕し、取り調べて容疑が固まったら、殺人で再逮捕という方針でした。

 

取材の過程で容疑者を追い詰めた結果は?

真崎が彼の両親のインタビューを取り、独占スクープを狙う百々瀬たち。

逮捕され護送される様子を報道し、両親の涙の謝罪も顔はモザイクをかけていますが流します。ただの公務執行妨害で逮捕されただけなのに、凶悪犯のような報道ぶりです。料理家殺人の犯人のように見た人は思うでしょう。それほどの盛り上げ方をした報道です。ほんとにメディアって怖いですね。真実でないことでも真実にしてしまいかねません。

しかも独占映像を取ろうと、新宿中央署に連れてこられ、車から降り歩く彼の目の前に彼女との2ショット写真を突き付けます。百々瀬に命じられ、小池が見せたのでした。

仲良く写る写真、幸せだったころがよみがえり、みるみる表情が歪む彼。そこで写真を裏返し見せるとそこには、彼女の文字で「ずっと一緒にいようね」の文字が…

耐えられなくなった彼はその写真を奪い、警官を振り切って走り出し、車道に飛び出します。車の前でまるで自殺するつもりのようにたたずむ彼を、間一髪慶介が助けます。

 

百々瀬たちに正体がばれた!

一部始終が放送されて、慶介が警察官であることが、百々瀬たちに知られます。

驚く井出たちでしたが、百々瀬は「面白い」と… 何か企んでいるのでしょうか。

 

慶介の行動を正義感あふれる勇敢な警官だと、番組でほめそやす百々瀬。

画面を見据え、「これからが楽しみ…」と曰くありげに話すのでした。慶介に向けて…

 

本当のことを話して…

ラストシーン、雪子が慶介に会いにきました。

「本当の事を話して欲しい」

はたして慶介はどうするのでしょうか…

 

次回を楽しみに待ちたいと思います。

 

最後までお読みいただき有難うございます。

興味
スポンサーリンク
シェアする
綴りごと

コメント